スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ラブ・アクチュアリー』

2010
13
『ラブ・アクチュアリー』(2004)をDVDで観ました。
前回の記事でちらっと書いた、リーアム・二ーソンが出ている、という単純な理由からです(笑)

キャストも大変豪華だし、ただのありがちな恋愛劇かと思いきや、どっこいでした。
男女だけでなく、義理の親子、友情、etc.…。深い、いろんな人間愛の物語でした。
私が一番気に入ったのは、なんといってもKYのおバカな初老のロックスター、ビリー。こういうオヤジ、大好きです♪演じたビル・ナイはこの役で助演男優賞をとられた、というのも納得。
ラストの方、黒人少女の歌がすっごく上手くてびっくりでした。震えました。
英国首相役のヒュー・グラントの間抜けなダンスも見ものです。この手の二枚目の俳優さん、ダンス苦手な方多いですよね(ディカプリオもしかり)。
最初と最後のヒースロー空港でのハグシーン。人間っていいなあ!自分が人間であることを誇らしく、嬉しく思いました!
そして冒頭の9.11についてのコメント。一番印象大でした。

実は出産前は、“映画は絶対劇場派、家で観るなんて邪道!”だったのですが、
DVDには裏話や未公開シーンも盛り込んであり、これがまた貴重だなあ、と最近は思ってます。
監督はとても気さくそうな方でした。メイキングの話が大変面白かったです。
こちらのヒュー様のインタビューも笑えます。

個々に納得のいかない展開もあると思いますが(私はモテないくんの話が疑問だった)、観終わった後、とってもすっきり、素直に温かく、笑顔になれる映画です。恋愛モノが苦手な方にも楽しめることうけあいです。サントラ、早速購入しました(こういうことは早い(笑))
birunai2.jpg ビル・ナイ氏♪
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。