スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽三昧?

2010
19
その1:
『のだめカンタービレ!~最終楽章~』(後編)を初日早々観てきました。
意外だったのは、前編に比べて笑いのシーンも極端に少なく、重く、深い、内容でした。
日中の時間帯だったせいか、やたらこども率が高かったのですが、意味不明だったんじゃないかな!?

その2:
以前の記事でも書きましたが、録画してもらった『町中みんなで合唱団!』を観ました。
出演者の年代が自分とリンクするので、すんなり受け容れることができたし、またしても本当に大,大感動でした。
一番ずしん、ときたのが、サウスオキシーに引っ越した日から差別を受けていた、という黒人女性とそのこどもたち。今どき黒人だからなのか??
というのも実はかれこれ30年以上前の話になりますが、
年長の時、英国(ロンドン郊外)に引越しを経験いたしました。
こんなに多国籍な国にもかかわらず、“日本人”ということだけで差別を受け、傷ついたことが多々ありました。
直接的な嫌がらせもあったし、よくよく考えれば“実は日本人だからなのか”という間接的ないじめ?もありました。大人から受けたことも。こどもながらこういうことはよく覚えています。
勿論、全ての人がそういう人ではないし、全ての日本人がいじめられるわけではないし、日本人だけがいじめられるわけではありません。誤解のないように!そもそも、サウスオキシーも周りから誤解や差別をされていたような…。

話がそれました。
私は全く音楽に疎い人間です。大の音痴だし、楽譜も読めないし、音楽のテストは一番苦手だったかも…。
でも、ギャレスマローン氏のような指揮者がいたら、私もこういう合唱団、ぜひ参加したいなあ、と真剣に考えました!彼の真摯な姿勢は本当に素晴らしいです。
続編、ぜひまたやってほしいなあ。
yuki.jpg 41年ぶりの雪って…生まれてないんですけど。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。