スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出会い~信長NOBUNAGA~」

2015
12
ru4.jpg (リハーサル風景より)

バレエ・日本舞踊 夢の響宴 〜舞踊様式を超えて響き合う奇跡のコラボレーション〜
「出会い〜Встреча」 “信長ーNOBUNAGAー”
鑑賞してきました。
※詳細はコチラ→http://russian-festival.net/blog/?p=1930
 出演:
 ファルフ・ルジマトフ (元マリインスキー・バレエ/プリンシパル)
 藤間蘭黄 (日本舞踊家/藤間流)
 岩田守弘 (元ボリショイ・バレエ/ソリスト、ロシア国立劇場バレエ団/芸術監督)

こちらの番組を拝見し↓(4年間役がなかった件には泣けました…)
(プロフェッショナル 仕事の流儀 【バレエダンサー 岩田守弘の仕事 悔しさを、情熱に】)
https://www.youtube.com/watch?v=QmdRej3cXOw
岩田さんをぜひ観たい、日本で公演ないのかなあと
検索したら“ルジマトフと共演”。ルジマトフ?誰?
画像を見てびっくり。こんなに美しい方がいたとは!

想像以上に素晴らしかったです。舞も彼等自身も。
岩田さん:まるで牛若丸?機敏で活気に溢れてました。
藤間氏:日本舞踊は実は初めて、少し歌舞伎に似てる?所作が大変美しい。渋くて迫力ありました。
ルジマトフ:神々しく、崇高。踊るために生まれてきた人?人間離れした神秘性の持ち主。
3人共、それぞれの特長を活かしきった、素晴らしいコラボレーションでした。
花道を使ったバレエ、臨場感があり、よかったです!

ソロパートもあり、ルジマトフ氏は“ボレロ”だったのですが、
暗闇から浮かび上がる彼の姿、ゾクゾクものです。。。
立っているだけでのこのオーラ、何者なのでしょう!?(ほんとに同じ人間??)
手の使い方が特に見事。
手指が長い方なのですが、指先まで一本一本丁寧な動きで魅せてくれます。

“NOBUNAGA”という役柄ということもあるのですが、舞台メイクのまま睨まれる?とコワいのですが、
カーテンコール時には別人のように笑みを見せてくれたり、
サービスで決めポーズをしてくれたりするおちゃめな面も。

幸せな時間でした。

kokuritu2258.jpg
マイブックより:休憩時。着物率高し。ご高齢者の皆様、大変オシャレです!

ru3.jpgru2.jpgru1.jpg
動画からおこしました。本番中は魅入ってしまって描けませんー。(クロッキー帳+筆ペン)
rupo.jpg
ルジマトフ氏の美しいお背中!

実は…
初日にあまりにも感激し、
2日目も当日券で鑑賞(小声)
多大なエネルギーチャージをした3連休でした!
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。