スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

『1日1日をありのまま受け容れること』

2010
12
私事ですが、実はなんだか最近不調~。特に何があったわけでもないのですが、悶々とした日々が続いておりました。
そんな時、偶然NHKのドキュメント番組、地球ドラマティックを拝見しました。
以前観て大変感銘を受けた“クワイア・ボーイズ”の続編をやっていました。

『町中みんなで合唱団!~イギリス 涙と笑いの猛特訓~』
概要:
 活気も娯楽も少ないロンドン郊外の人口1万2000の町サウスオキシー。この町の人たちが誇りと自信を持てるよう、町の牧師が合唱指導のカリスマを招きました。指導者ギャレス・マローンは、年齢や男女を問わず地域の人々が参加する合唱団を結成、歌を通して町のきずなを強め、プライドを取り戻そうと奮闘します。しかしこの呼びかけにも参加者はなかなか見つかりません。ギャレスは、2008年に放送した「クワイア・ボーイズ」で、初心者ばかりの男子校の合唱団を大舞台に導きました。今回は、将来への希望を持てない人々や人種の偏見にさらされていると悩む人々と向き合います。
 1960年代アメリカのソウル歌手ジャッキー・ウィルソン(Jackie Wilson)の代表曲「ハイヤー・アンド・ハイヤー(Higher and higher)」で、まずは最初の舞台に挑みます。この合唱団は、いったいどんなハーモニーを響かせるのでしょうか?

合唱団に参加した一人の男性。奥様を亡くしたばかりで沈みがちだったのですが、やはり同じようにご主人を亡くされた女性が声をかけたセリフが印象的でした。
『1日1日をありのまま受け容れること。
あまり先の事を考えすぎてはいけない。』


!!!そうなんですよね。
当たり前ですが、生きているのは今。
過去はもう戻らないし、先のことは誰にもわからない。

今を、大切に、生きるべき。と思った次第です。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

Buna  

病院へは行かれましたか?
詳しく調べてみては? 心配です。
私も持病の自律神経失調症に長年苦しんでいます。
「生きる」って難しい事じゃないけど簡単じゃないと思います。
私が元旦にUPした今年のテーマはズバリ「Alive!」です。

グループ展のDMを配布して頂きありがとうございます!!

2010/03/14 (Sun) 07:04 | EDIT | REPLY |   

maki  

>Bunaさん:
いつも元気なBunaさんが、自律神経失調症とはびっくりでした。

-「生きる」って難しい事じゃないけど簡単じゃないと思います。 -
なるほどー。深いですね。ありがとうございます。
グループ展、楽しみにしてます♪

2010/03/14 (Sun) 07:47 | EDIT | REPLY |   

Add your comment