スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

人物の描き方

2013
17
mai5084.jpg mai1080.jpg
mai4083.jpg mai3082.jpg mai2081.jpg
現場スケッチでの人物の描き方ですが、
皆それぞれのやり方があるようですね。

下描きなしで、ペンでいきなり描くのが一番面白い、というのは頭ではわかっているのですが、
全紙など、大きい紙にいきなり描く、というのは
師匠のようなこなれている方ならともかく、修行中の身としてはなかなか勇気がいるものです。

今回の新宿も全紙ということもあり、
殆どの人物がマイブックで一回描いてから、はめいれたものが殆どです。
マイブックに描く暇がない時でも、ざっくり鉛筆で下描き程度は入れてました。

写真からおこす方も多いようですが、
私の場合、カメラを持参していないことも多く、
たとえカメラが手元にあったとしても、
いいカモを発見しても、あっという間に通り過ぎていき、撮るタイミングがついていかないことが殆どです。
(マイブックに記憶スケッチを描く方が楽)

というわけで、詳細部がわかりかねる部分が多く、でも現場で直接描くわけではないので、線はきれいすぎてしまう?という問題点が多々発生してしまいます。
マイブックの雰囲気(臨場感)が出るといいのですが!(ここまで雑でなくても)
今後の課題となることでしょう…。

※上のマイブック人物を多少アレンジし、パコパコはめいれたのが下部↓
jinnnomi1.jpg
(全体像はコチラ
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

shiga  

勉強になります。
人物を入れた途端変になってしまう経験上
やっぱりまず鉛筆で描き、安心してから描き込んでいます。
その場にいた人が一番しっくりしますし...。

2013/09/26 (Thu) 09:18 | EDIT | REPLY |   

maki  

>shigaさん:
やり方にはあまりこだわらず、
自分がやりいいやり方でよいのでは?と思ってます。

私にとってはその場で描けるのが一番いいんですがね!

2013/09/27 (Fri) 08:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment