スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

ミッドタウン完成+ウッディアレン♪

2010
03
先日のスケッチ、完成です。
東京ミッドタウン2010063(東京ミッドタウンにて。最近マイブーム、B5,画用紙+0.5ロットリング)

パンとあり064(行く前に食べたパンたち:B6、画用紙)
「なんで髪の毛、青なの?」と長女に何度も言われました。確かに、アニメキャラみたいですね(笑)。ま、その時の気分ということで…。

話は全く変わりますが、
ひっさびさにウッディアレン監督、脚本、主演『マンハッタン』 (1979)を観ました。ビデオだけど(ウチにはまだデッキがあります)。
ウッディアレンといえば、『アニーホール』が有名ですが、私は『マンハッタン』がダントツ1位。(でも『アニー…』のダイアンキートン、超かっこよすぎです~)と、偉そうに語っている割に、全作品を観たわけではありません(笑)
最初と最後の“ラプソディ・イン・ブルー”が流れながらの、モノクロのマンハッタンのシーン、見事というしかありません!若い時に観たときも大衝撃でした。何度観てもいい!できれば、劇場で観たいもんです。
ウッディアレン映画といえば、この癖のあるくどいセリフまわしが苦手な人も結構いますが、私はこの決して綺麗ごとばかりでない、人間の深いところまで掘り下げてみせてくれているところが大好きです。大変頭のキレる方ですね。天才とはこういう方のことをいうのでしょう。
ちなみに『マンハッタン』を知らない方のために、どういう話かというと…、
女性の立場からですが、 
「本当に、男の人って、どうしようもないわね!」 
という映画です(笑)。
でもウッディが演じているから不思議とにくめないんですよね。
トレイシーに会いにずっと走っていくシーンと、一番最後のアイザック(ウッディ)の微妙な表情も大好きです。
以上、スケッチと関係のない話でした。
あまりにも感激し、こんなことで感動できる自分のことを嬉しくなり、幸せに感じたため(本当に私って安上がりです(笑))、ご了承くださいませ。
mann.jpg

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment