スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サント=ヴィクトワール山2点完成

2013
30
2013エクス山4100 sann1003.jpg

エクスアンプロヴァンスの講評会を経て:
改めて、こうして絵を描くことができる幸せ、
師匠をはじめ、同じ志をもった素敵な仲間たちに恵まれた幸せをしみじみ実感いたしました。

やはりこの講評会あってこその、このツアー。
これほど有意義で充実した時間はそうあるものではありません。

左:着彩前の画像はコチラ↓
http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-452.html
朝の気持ちよさを表現したかったのですが、色、思いのほか迷いました。今考えると写真に囚われすぎてしまったようです。
N先生からは、
“線がかたい。いつもの勢いが感じられない。空になぜこの色をもってきたかわからない。”
確かに空と山の色バランスがいまいち。修正するかも、です。が、色うんぬんの問題ではないのかも(苦笑)

右:着彩前の画像はコチラ↓
http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-463.html
例の棄てようと思っていた絵です。
“練習練習”と思って塗ったせいか、大変気楽に、心地よく終了することができました。
先生からは、
“屋根が雑。”
はい、屋根苦手です。全て見透かされてます…。
ただ、気楽に描き、気楽に塗ったせいか、
結局左の絵より楽に観ることができるようになったのが意外な結果でした。

さらに意外だったのが、最初に描いた全紙の絵の方が人気だったこと。↓
http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-453.html
タイミングをみて、仕上げるかもしれません。もしくは、描き直しか?
セザンヌが何度も描いたのがようやくわかったような。
手強いです。サント=ヴィクトワール山。

今回3回目のツアー参加でした。
絵の出来はともかく、収穫は一番大きく、本当に行ってよかったです。
この経験を大いに活かし、次に、進みます。
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

shiga  

朝焼けだったのですね。
それにしてもまぶしい位の太陽です!
人を近づけないような気迫を感じます。

屋根を通してのサントーヴィクトワール山は、色合いを含め深呼吸をして眺められます。

2013/09/01 (Sun) 11:04 | EDIT | REPLY |   

maki  

>shigaさん:
山の表情は、刻々と変わっていきますね。
どの時点の印象を伝えたいのかがあいまいになってしまったような。

右の山は自分的には左より心地よく仕上がったのですが、この大きさでの完成度ではなかったのかもしれません(描きこみ不足?)。

2013/09/02 (Mon) 17:20 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。