スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サント=ヴィクトワール山その3(エクス)

sannmono3.jpg

もう1枚、サント=ヴィクトワール山の絵です。
セザンヌのアトリエから少し離れた丘の上から描きました。
過去の2枚はコチラ↓
http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-453.html

描きたいポイント、日影なし。
まあ仕方ないやと、炎天下、立ったまま紙を拡げました。
しかも何気に途中雨が降ったりやんだり。
なんとか仕上げて下山しました。

実はこの絵、お蔵入りしようと思っていました。破棄しよう、と思ったほど。
以前も書きましたが、
現場では大変楽しい、でも改めて見直すとなんか違う…と思ったのです。
着彩練習のために色を塗ったら面白い?ことに。
また後日詳細を書きたいと思います。講評会後かな。
(ファブリアーノ、560×380)※実験的に、すべてグレーペン使用。
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 2

えいいち  

どこが気に入らなくてお蔵入り判定をされた
のでしょうか?

サン・ヴィクトワール山が中心なのか、手前の家が
主題なのか分かりにくいということでしょうか。

けれど、セザンヌの山が中心の絵ばかりが頭に
刷り込まれた目でみると、見慣れない構図なので、
不思議で面白い感じがします。

彩色をどのようになるのか、結果を待っております

2013/08/15 (Thu) 14:02 | EDIT | REPLY |   

maki  

>えいいちさん:
苦手な草(葉っぱ)と屋根を手前に持ってきてしまい、収拾がつかなくなってしまった、ように感じたのです。
本当に破棄しようと思ったのですが、棄てる前に練習で色を塗ろう、と思ったのが、意外な?結果に。
もうすぐ講評会なので、自分の考察も含め、またアップしたいと思います。

2013/08/16 (Fri) 11:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。