スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン記(その3)

2013
03
igi7060.jpg igi8061.jpg igi9062.jpg

日本人には大変不評のイギリス料理ですが、
私は一度も“不味い”と思ったことはありません。

最後の夕食はパブでいただいたのですが、ここが一番美味しかった!
が、ボリュームが半端じゃない。(画像一番右)
"starter"(いわゆる前菜)の欄にあったスープ(pee&lovage(見た目セロリに似た野菜らしい))ですが、
きてびっくり。どんぶりでした!
触感(つぶつぶ感が絶妙)が美味しかったのですが、この量はムリ。
イギリス人は完食するんですよね…。
この後、お約束fish&chips、その他もオーダーしてますし。
泣く泣く残してしまったのですが、思わずお店の人にも言い訳し、退散。
“大変大変美味しく、料理は完璧なのですが、すみません、なにせ量が私たちには多すぎて…”

また再訪したい位のお店でした。
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

えいいち  

楽しんでいます

旅のスケッチらしい、さまざまなロンドンの人物を
楽しんで拝見しています。
(あえて、困っているところを言うと説明の文字が
小さくて少し読みずらいのですが・・)

makiさんがロンドン(イギリス)通だとは、はじめて知りました。

2013/08/06 (Tue) 10:41 | EDIT | REPLY |   

maki  

>えいいちさん:
文字はただの独り言でして。あまり深読み?しなくてよいです…。
ロンドン、なんだかんだいって13年ぶり。ちっとも通ではないのですよ。地下鉄切符買うのもまごついた位ですから!

2013/08/06 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。