■プロフィール

maki

Author:maki
ペンスケッチが大好きです。
プロフィール
ご意見・お問い合わせはコチラ↓
makiko.s.ari★jcom.home.ne.jp
<★を@に変換してください>
(※ブログ内の画像を無断で使用することは固くお断りさせていただいております)

■参加してみました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。 にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキングへ     ありがとうございました!

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

サント=ヴィクトワール山(エクス)
sanmono.jpg

最終日、自費(タクシー)で再び訪問したサント=ヴィクトワール山。
朝の山の空気感のなんと気持ちいいことよ!行ってよかったです。
初回(強風で紙を抑えるのに精一杯)と違い、穏やかな日で
おかげさまで、落ち着いてゆったりと描くことができました。

私一人、なんにもない道端で降ろされたのですが(他2名はもっと上の観光地点)
犬を散歩させている人に何組か遭遇したのにはびっくり。
つまり、この辺に住んでいる人がいるってことなのよね…。
あと自転車(レース)やっている人が結構多い(中高年の流行なのか?)
絵にご興味のある人は、わざわざ降りて私の側まで観に来たりする方も。

1回目も全紙で描きました。
想像よりは評判はよかったようなのですが、本人的には“うーん…。”
2回目ということもあり、初回よりは、対等に向き合えたと思います。
初回の全紙も、また後日アップしますね。

ちなみにこの日は午後街に戻ってから、サムホール2枚半+ピザ屋の絵残り半分以上。
全紙は少し座ったけど他は全て立ちっぱなし。ホテルに戻るとぐったりでした…。
次回から、携帯椅子持参します!
(ファブリアーノ:760×560)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2013エクスアンプロヴァンス記 | 22:57:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ここがポール・セザンヌのサント・ヴィクトワール山でしょうか?
ひたすらのどかさを感じます。

見えるものから感じるものをキャンバスへ。
無色の方が想像が膨らみます。
2013-07-14 日 09:35:15 | URL | shiga [編集]
>shigaさん:

周りには何もなく、気候も穏やかで、心地よく描くことができました。
全紙は色塗り、苦戦しますね!おっと私の場合、全紙でなくても苦戦しますが(苦笑)
2013-07-15 月 22:13:51 | URL | maki [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad