■プロフィール

maki

Author:maki
ペンスケッチが大好きです。
プロフィール
ご意見・お問い合わせはコチラ↓
makiko.s.ari★jcom.home.ne.jp
<★を@に変換してください>
(※ブログ内の画像を無断で使用することは固くお断りさせていただいております)

■参加してみました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。 にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキングへ     ありがとうございました!

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

新宿御苑の男VS女
shinmen035.jpg shinjyo036.jpg

今年は桜、早いですね。
というわけで、新宿御苑に行ってきました。
この時期としては異例の混み具合でしょうか。

妙なタイトルですが、
単に男子チーム、女子チーム、
ページを変えて、描いただけです(笑)
桜スケッチ?してませんー。
(マイブック+リブ細)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

公園・木 | 21:15:53 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
はじめまして、新宿御苑を検索中、拝見しました。
 絵のことはよくわかりませんが、絵を描くことはアプリオリな才能だと思います。
 芸術作品を見てインスピレーションが湧くかどうかもアプリオリな感性だと思います。
 
 2年くらい前に上野の国立西洋美術館に行った時も、たくさんの有名な画家の絵画を見ても
 単純に上手いと思うだけで、何かを感じるまではいきませんでした。
  ただ、唯一、印象に残っているのは、風景画専門の画家の絵だったのを覚えています。

 たしか、オランダのロイスダール?だったと思いますが、なぜ印象に残っているかというと
 風景が全体的にめちゃくちゃ暗いんです、特に空と雲が暗く、私は正直、恐く感じてしまいました。
 しかも、一枚ではなく、次から次へと、そういう絵が展示してあり、私の胸にグサっときたのを覚えています。
 そして、美術館をでて、あのロダンの考える人の近くで、なんとなく思い気持ちになったのを覚えています。 
2013-03-22 金 00:13:16 | URL | トム [編集]
>トムさん
はじめまして。
ロイスダール、初耳です。フェルメール氏と同時代の方なんですね。
この時代はまだ屋内で描いていたのか?だから暗く感じるのかもしれませんね。
映画“真珠の耳飾りの少女”、最後まで暗い映画でしたが、この時代を垣間見ることができ、大変興味深かったです。
よろしければまたお気軽に、遊びにきてください。
2013-03-22 金 20:05:57 | URL | maki [編集]
こんばんは。
自分も今日、新宿御苑に行ってきました。思ったより天気良くて良かったです。
マイブックにこんなにたくさんの人を、しかもファッションまで細かく描写されてて素晴らしいです。ちなみに自分は老眼でマイブックにたくさん描くのが辛いというか無理かも(悲しい)。
2013-03-24 日 23:28:44 | URL | としゆき [編集]
>としゆきさん
細かく描いてないですよー。一瞬でむこうに行ってしまうから、記憶スケッチ?
私の場合、いまだに視力低下が進んでまして、近くは見えるのですが、遠くが見えない!眼科の先生にも“失礼ですが、この歳でふつう視力低下止まるのですが…”と言われる始末。老眼ならぬ、ただの老化?(笑)
2013-03-25 月 13:07:55 | URL | maki [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad