スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベジャールバレエ団“ボレロ”

bejare.jpg jiru035.jpg

モーリス・ベジャール・バレエ団“ボレロ”観てきました。
昨年、超有名シルヴィ・ギエムのボレロを鑑賞→http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-239.html
が、どうしても男性版ボレロを観たく、今回念願が叶いました。しかも本家ベジャールバレエ団!
幕が開けると、真っ暗な中、手の動きのみライトアップされるシーンからはじまります。ゾクゾクしました…。

他、“ディオニソス組曲”“シンコペ(新作)”を上演。
“ディオ…”は男性ダンサーが主体のリズミカルで力強い構成で、男性ダンサーに何を踊りたいかきくと、必ず上位に上がる演目だとか。
いろんな人種がいて(日本人ダンサーも大活躍していました!)、皆それぞれの個性を活かしていて、
「みんな違ってみんないい」
を実感できた一日でした。

閉幕後、ジル・ロマン監督と主演ジュリアン・ファヴロー氏(大喝采浴びてました!)のインタビューがあったのですが、これがなかなか興味深かったです。
(画像はマイブックより。外国人は難しい…)
関連記事
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。