スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スケッチ日和♪

野外スケッチの王道?新宿御苑に行ってきました。
ちょうど紅葉も見頃で、気温も暖かく、カメラマンも沢山いました。

先月来た時に、「ここを描きたいなあ…」と思っていた奥のポプラ並木に初トライ。
ポプラ写真
ポプラモノクロ
(F10、ラングトン)
なぜか、今の自分にF10がしっくりきます。
暖かかったので、じっくり大きめの紙にゆったりと描くことができました。
葉っぱは苦手なのですが、落ち葉の形が面白くて、描くのはすっごく楽しかったです!
めずらしく、カラフルに塗りたい作品となりました。

ちなみに、野外スケッチをしていると声をかけられるセリフベスト3:
1:「これ、色、塗るんですか?」
2:「細かいですね~!」
3:「プロですか?」

声をかけてくださった皆さん、ありがとうございます。大変励みになります!
生徒さんたちの作品も仕上がりがとっても楽しみです♪

関連記事
スポンサーサイト

Comments - 3

生徒I  

今日はお疲れ様でした

ブログアップするの早いですね。

私は野外スケッチのあと博多天神ラーメン食べて世界堂に行って映画(クリスマスキャロル)みて今帰宅しました。
今日は暖かかったのでとても気持ちよくスケッチできました。

ちなみに私にはスケッチ中に誰も声をかけてくれませんでした。
というか近づいてもきませんでした。
あの帽子とサングラスが良くないのでしょうか。
集合場所に行った時の不審者を見るような先生の目が忘れられません...

2009/11/26 (Thu) 20:20 | EDIT | REPLY |   

慧  

ポプラ

1:「これ、色、塗るんですか?」
2:「細かいですね~!」
3:「プロですか?」

\(~o~)/ 僕も聞くと思いますよ。とくに「プロですか」とね。
いまや立派なプロですから・・。

ポプラ、涙がでるほど懐かしい。小学校2年のとき、満州の遼陽というところで、友だちと、落ちたポプラの葉っぱの茎を絡み合わせて引っ張りっこをするんですよ。大きな葉っぱでウンショ、ウンショと引っ張って千切れないほうが勝ち。

必ず2人ともひっくり返ります。それが楽しくてね。草原がそばにあって大きなコメツキバッタやイナゴが歩くたびにバタバタ飛ぶんです。
2年2学期に旅順に引越しましたが、あの7歳の頃の記憶はすごく鮮やかに残っています。

ポプラの根もおんなじですね。もっと張り出した根っこの近くで腰を掛けてひっぱり遊びをしました。思い出させてくださってありがとう。(^o^)

枝からもれる日差しが素晴らしいです。温かみがあります。プロのワザですね。

2009/11/26 (Thu) 20:20 | EDIT | REPLY |   

maki  

>生徒Iさん:
昨日はお疲れさまでした!Iさん、ハードスケジュールだったんですね。タフですね。
あの恰好では誰も近づきませんよ、こわくって…。
仕上がり、楽しみにしてます。

>慧さん:
プロの定義って、一般的には「絵で食べていっている人」なんですが、師匠のN先生のプロの定義を拝読して「なるほどー」と思ってしまいました。(詳細はこちらのアドレス)
http://www.makoart.com/Hitokoto/hitokoto200404.html
しかしながら、一般ではなかなか通用しないのも事実ですが(笑)

カメラマン、沢山いましたよ。私の前に居たカメラマンの男性とずっとお話させていただきました。

2009/11/27 (Fri) 08:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。