スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ノンフィクション・ニューヨーク』

2011年12月13日_DSCN6374
先日吉祥寺美術館の池田満寿夫展に行った時、売店で師匠、永沢まことの本を発見。
『ノンフィクション・ニューヨーク』(草思社)1983年、結構古い本ですね。

これが、凄くいい!
絵は臨場感たっぷりでまさに現場の絵。
決して綺麗な絵ではないのですが、現場ならではの雰囲気が伝わってきます。
絵は勿論のこと、文章がさらに?いい。読みやすく、わかりやすい、面白い。
それにしても、浮浪者の収容所に潜入したり、当時危険だった地下鉄で描きまくったり(今のNYは安全で綺麗らしい)、
ますます恐れ多いです、永沢まこと。

先日お会いした時にサインをいただきました。(←ただのミーハー)
『僕の一番好きな本です。』
ますますこの本のファンになりました。おすすめです。
関連記事
スポンサーサイト
  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments - 2

shiga  

こんにちは。
永沢先生も数多い本でも、好きな本と言うのが有るのですね。
今度気にして探してみたいと思います。
今はインドに行かれているようで、相変わらず精力的ですね。
佐々木先生もあちこちでの素敵な絵をありがとうございます。
今年は色々ありましたが、元気で生きていれば良い位で頑張ります。

2011/12/17 (Sat) 09:38 | EDIT | REPLY |   

maki  

>shigaさん:
こんにちは。
大変面白い本なので、すぐ読めてしまいます。古いので、書店には置いてない可能性大です。
shigaさんも精力的に描かれていてなによりです。
1年、あっという間ですね!

2011/12/18 (Sun) 09:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。