スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカボンパパに学ぶ、『絵を描く』ということ。

2009
17
先日、コドモが天才バカボンの再放送を観ていました。
実は、絵柄が好みでないので(ファンの人、すみません)、まともに漫画を読んだことがなかったのです。
絵は相変わらず好みではありませんが、ストーリーがわかりやすくってシンプルでいい!
(※観たのは第40話: 「ワシは野口英世で医者なのだ」
その時に『!』と思いました:

絵を描いていて、世に出すと、いろいろと言われたりします。(絵を描く、に限らずですが)
中には心無いことを言われ、深く傷つくこともあるかもしれません。
でも、10人いれば、10種、意見があってもいいのでは。
例えば、永沢クラスの講評会で、実は師匠とは「いいと思う方の絵」や「直した方がいいと思う箇所」が一致しないことが多々ありました。(すみません!先生)
でも、どちらが正しいとか、どちらが間違っている、ということではないと思うのです。「あんなお偉いお方がおっしゃったんだから、やはり…」と思ってしまいがちですが、あくまでも、一意見として、真摯に受け止めればいいこと。生意気ないい方かもしれませんが…。
師匠も勿論、いろいろおっしゃってくださっても、強要は全くいたしません。最終的な判断は各自に任せていらっしゃいます。(ちなみに講評会は一番好きな授業で、これだけは欠かさず出席しました。)
※上記と同じようなことを以前の記事で書いてました。我ながら、いいこと書いてるじゃん!(自画自賛(笑))

確かに、自分勝手に好きなように描いていても、ただの独りよがりの絵になってしまい、他人から受け容れにくくなってしまうのは否めません。
ただ、最終的に決めるのは自分。そのためにも自分を信じることが大事。
一点突破の描き始めも、線描きの描きこみも、どの色を塗るかも、色塗りの止め時も、自分の直感を信じようではないか!
『これで、いいのだ。』
バカボンパパの名セリフが心に響いた次第です。
bakabon.jpg




関連記事
スポンサーサイト

- 4 Comments

みこ  

そう思うわ

お久です。

これでいいのだ!
自分の絵は 自分の直感で決断!
ホントそう思います。

今パルテノン多摩で 美術公募展
いま、こどもたちを見つめてが開催中です。
大賞の20万円は遥か彼方でしたが  47点の入選に滑り込みセーフ
自分の直感を信じてよかったわ♪

2009/11/18 (Wed) 23:35 | EDIT | REPLY |   

maki  

>みこさん:
こんにちは!
入選、凄いですね。おめでとうございます!飾ってあるのでしょうか?間に合うなら観に行きたいです。
そういえば、以前大賞おとりになりましたよね。同じ公募展ですか?

2009/11/20 (Fri) 12:39 | EDIT | REPLY |   

みこ  

12月5日までです

こどもの部の公募展は11月25日まで
大人の部は12月5日まで パルテノン多摩で開催しています。
春 最優秀賞をいただいた公募展は 図書券1万円なので
素人の応募が多かったようですが
大賞20万円の公募展はプロの応募が多かったみたい。
子どもたちの絵も エネルギッシュですばらしいです。

2009/11/22 (Sun) 15:52 | EDIT | REPLY |   

maki  

>みこさん:
情報、ありがとうございます!
タイミングが合ったら、行ってみますね。

2009/11/23 (Mon) 09:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。