スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

スポンサーサイト

--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンサンミシェル記(着彩完成)

2011
30
2011年08月24日_DSCN6163 2011年08月24日_DSCN6164 (2点共ワットマン、F8)
2011年08月24日_DSCN6165 2011年08月24日_DSCN6166 2011年08月24日_DSCN6167 (3点共アルシュ、全紙ハーフ)
2011年08月24日_DSCN6168 2011年08月24日_DSCN6169  (2点共アルシュ、全紙)
モンサンミシェルの絵、大きいほうも完成しました。
描いた順番ではなく、気乗りした絵からどんどん塗っていきました。
最後に残ったのは左上と左下。左上は灯台までのカーヴが現場描きとはいえ、気に入らず、書き直したいなあ、と思いつつそんな時間もなく…。
左下は描いている時はのりのり(←死語!?)で描けたのですが、自宅に戻ってからはなんかイマイチ気乗りせず…。フツーすぎてしまったかなあ、と思いながら色塗りしてました。海の面積が広すぎて、この間延びした状態に苦戦。
さて、講評会では下の全紙2点をメインに出しましたが、師匠からのコメントは、

・右の絵、光やりすぎ。でもこういう挑戦はよい、今後もどんどんやるべき。
・左の絵の方が落ち着いてみることができる。右下の描きこみ、奥(遠景)の描きこみが丁寧でよい。光はなくてもよかったのでは。
・全体的に光の表現やりすぎ。

ちなみに色塗りの時、特に最近はあまり写真に頼らず、失敗してもいっか、と思いながら塗ってます。決して投げやりになっているわけではありませんが、根が真面目(?)なので、実物にとらわれすぎてしまい、思い切りよく塗ることができなくなってしまうためです。
ちなみにこの掲載している画像だといまいちわかりずらいと思います。やはり機会があったらぜひ原画を観ていただきたいです!
↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト

- 6 Comments

ck  

復帰

ご心配をかけましたが復帰しました、原画見たい見たい(^^)

2011/08/31 (Wed) 06:21 | EDIT | REPLY |   

maki  

>ckさん:
復帰なによりです、心配しました。こちらも原画拝見したいです。でも、無理しないでくださいね。

2011/08/31 (Wed) 06:44 | EDIT | REPLY |   

わたなべ・えいいち  

「光やりすぎ」という先生の言葉は、どう受け取っていいのしょうね。
私には、いかにもmakiさんの絵という特徴がでていると感じるのですが。
もっとも、最後のモンサンミシェル全体に後光が差している絵は、失礼ながら最初に笑がでました。(やりすぎ!?)
でも、聖なる場所と思うとこのくらいは当然かと思い直しました。

先生の言葉を考えてみるに、「光の部分」に目が行き、スケッチ本体に目が行きにくいかもしれないという意味のように受け取れます。

2011/08/31 (Wed) 19:32 | EDIT | REPLY |   

maki  

>わたなべ・えいいちさん:
右下の絵は先生も大笑いしてました。家族にも大笑いされました。別にウケ狙いではないんですがね…。
確かに、演出に目がいってしまうのかも。私的にはあまり深く考えず、物足りないと、つい入れてしまうのですが。次回からもう少し考えます。

2011/09/01 (Thu) 20:35 | EDIT | REPLY |   

shiga  

沢山描いてこられたのですね。
まず最初にやはりモンサンミシェルの後光に、はっとしました。
インパクトが有っていいですね。

それから、講評会の先生が言われたという「細かく書くことと自分の線....」 
は思わずメモってしまいました。
私の場合、その前に少し上手くならないとですが...。

2011/09/03 (Sat) 10:09 | EDIT | REPLY |   

maki  

>shigaさん:
特にインパクトを狙ったわけではなく、結果こうなってしまったまでです。でも、今後は肝心の絵に眼が行くように、意識していきたいと思います。

ところで、毎日沢山描いていてすばらしいです。

2011/09/04 (Sun) 11:11 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。