スケッチセキララ日記

大好きなペンスケッチのことを中心に、日常をセキララに綴ってます。

『パイレーツ・ロック』

2010
03
絵とは関係ない話題です。
マイブーム復活、いまだに続いてますが(こんなことしてるから絵の制作がすすまないのよね)、最近の自分の中のヒット、
『パイレーツ・ロック』(2009)!

大好きなビル・ナイが出ている、そして英国映画、という単純な理由で借りたのですが、
観終わった後、気分爽快!
もし今、もやもやしている人には、すっごくおすすめです。
私が生まれる前の話だし、流れている曲もほとんどが初耳でしたが、
ほんとに、楽しい映画でした!
久々に私のツボにはまりました。
おばかで愉快なDJ仲間がいい味だしてます。
ついでに主役の男の子と、モテモテ役のマークのイケメンっぷりも眼の保養になります♪
監督が偶然『ラブ・アクチュアリー』と同じリチャード・カーティスだったのですが、センス抜群。
でもちょっと完璧主義?卵を割るシーン、15回も撮り直したというからびっくり(しかもカットされた)
未公開シーンもすっごくよくって、カットされたのがもったいない。
本人も「このシーンを入れた方が興行成績はよかったかも」とつぶやいていたところが印象的でした。
「脚本を書くのにたった2年しかかからなかった」と言ってましたが、
ということは、普通はもっとかかるのね。ひえー…。
ちなみに、お世辞にも上品な映画とはいえません。育ちがよい方はやめた方がよいでしょう。
ロックだせ ロックだぜ~♪
まだまだ紹介したい映画沢山あり、いっそのこと映画ブログつくるか…。
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ゆず  

私も映画大好き人間です。
昔はブラピだったけど、英国のロバート・カーライルが好き!!
今はダサ男が好きかな?
単館系の映画で、泣けたり、ぐっときたりしたらなんか得した気分になりますね。
「パイレーツ・ロック」見てみます。
「ラブ・アクチュアリィ」のあの男の子も大人になった事でしょう。

2010/12/04 (Sat) 16:06 | EDIT | REPLY |   

maki  

ロバート・カーライル、私も好きですよ。「パイレーツ…」では準主役のリス・エヴァンスも(「ノッティングヒルの恋人」でヒュー・グラントの変な同居人だった人)超いい味だしてました。
最近は「笑える」映画が好きになりました。後味悪い、どんよりしたのは「観なきゃよかった」と思ってしまいます。大画面が勿論いいとは思いますが、DVDの未公開シーンも捨て難い。

2010/12/05 (Sun) 00:43 | EDIT | REPLY |   

Add your comment