■プロフィール

maki

Author:maki
ペンスケッチが大好きです。
プロフィール
ご意見・お問い合わせはコチラ↓
makiko.s.ari★jcom.home.ne.jp
<★を@に変換してください>
(※ブログ内の画像を無断で使用することは固くお断りさせていただいております)

■参加してみました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。 にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキングへ     ありがとうございました!

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

Happy New Year 2017
sho1.jpg

あけましておめでとうございます。

新年早々、絵のアップでなくて失礼。
今年はなぜか、書き初めをするはめに。
中学校以来だから、なんと約30年ぶり!!
ぶっつけ本番の1枚。
その割にはすごい上手じゃん、と自画自賛♪

絵の方は、気負わず描いていく予定です。
今年もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 11:04:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
イタリアコモ湖講評会
ko.jpg

毎年恒例の、師匠永沢邸で開催される、海外スケッチツアー講評会(今年はコモ湖)に参加させていただきました。

せっかく招待されたのだからと、辛口コメントで臨むつもりだったのですが(笑)
みなさんの完成度の高さに、ただただ驚きっぱなしで終了~。
今年は特に、講評会までタイトなスケジュールだったにもかかわらず、
みなさん本当にお見事な出来栄えでした。

講師陣を含む、ベテラン勢はもちろんのことですが、
初参加の方も、とても初参加とは思えない、ベテラン勢と全く引けを取らない仕上がりっぷり。
ベテラン勢はベテラン勢で、ますます線の洗練度に磨きがかかっておりました。
継続は力なり、です。

客観的にみなさんの絵を観ることができたせいでしょうか、
やはり「線」の重要性を再認識することになりました。
絵は、線一本で、変わります。
深い、充実した、一日でした。

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 20:08:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
「おいしい葡萄の旅」日本武道館追加公演(千秋楽)
5月の東京ドームにつづき、
“サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015「おいしい葡萄の旅」”
日本武道館追加公演(千秋楽)に参戦してきました。

サザンは22年ぶりとなる武道館だそうですが、
自分も他のアーティストですが、武道館コンサートは22年ぶりです。

セトリ(曲順)は変わらずですが、
武道館ならではのサプライズ、
サザン演奏、ビートルズの“HELP!”が聴けるとは!
感無量です。

bu1246.jpg
写真は×なのでスケッチで。
全く見えないのを覚悟での「参加席」でしたが、後方からちゃんと見えました。

熱い、暑い、一日でした。
なんだか、夏休みが終わった感です。なにも、したくない(笑)
って、こんなことしてるから、ポルトヴェーネレの色塗り、終わらないのよね。。。
文字通り、“HELP!”
何とかせねば。

bu2247.jpg
帰り、電車内で。

budoubudou.jpg
一番後ろだったので、さすがに今回は写ってないようです。

今回も約4h、
休みなし、歌い続ける桑田さんには頭が下がります。
千秋楽ということもあり、最後にスタッフ一人ひとりに丁寧に挨拶されてました。
“実は真面目で大変謙虚なお方”:
2回参戦して、抱いた意外な彼の印象でした。

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 23:02:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
葡萄の旅行ってきました。そして行ってきます、葡萄の国へ。
先日、“サザンオールスターズ LIVE TOUR 2015「おいしい葡萄の旅」”参戦してきました。
初サザン、初東京ドームです。

一番びっくりしたのが、来年還暦の桑田さん、
3時間半、36曲、出ずっぱり、殆ど休みなし!
途中原さんが1曲ソロの間も、後ろで踊ってるし。
“超人”というしかありません。

大変意外だったのが、桑田さんが
時代に全くついていけてない(まだガラケーだそうです)と感じていて、
そろそろサザンが忘れられてしまうのではと、大変不安を抱いていらっしゃること。
“ほんとは嵐やミスチルや福山のコンサートがいいけど、今日はたまたまサザンなんだよね”

東京ドーム(5万人)を瞬時に満席にしてしまう方の発言とはとても思えない!!
37年間、ずーと日本の音楽界の先端をきってきていらっしゃるのに、びっくりでした。
sas1.jpg
矢印のあたりに私がいます(笑)

それにしても、多大なエネルギーチャージをした一日でありました。
全国ツアー全会場制覇する方もめずらしくないようなのですが、
気持ち、わかります。
今年一番のヒットな出来事だったような(まだ半年あるけど!)

で、もうすぐ本物の“葡萄”の国?に行ってきます。(無理やりつなげた)
一応予習、ということで観てきました↓
http://www.crest-inter.co.jp/Italy/
“イタリアは呼んでいる” THE TRIP TO ITALY
正直、主演二人のやりとりが耳障りに感じたことは否めませんが
(隣の席のおばちゃまたち、途中退席してたし)
イタリアの海沿いの風景と、美味しい料理を満喫。
レストラン厨房のシーンがリアルでよかった。ここをもっとクローズアップして欲しかったな。
ラストは哀愁漂う、美しいシーンで〆。
ita1.jpg


テーマ:イベント - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 17:12:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
「世界フィギュアスケート国別対抗戦(ISU WORLD TEAM TROPHY 2015)」行ってきました。
fig228.jpg

国立代々木競技場第一体育館で開催された「世界フィギュアスケート国別対抗戦(ISU WORLD TEAM TROPHY 2015)」、
観に行ってきました。

以前も書きましたが、
本番のたった数分の演技のために、毎日毎日血の滲むような?練習に励む若者たち。
リンク上の彼等を観ていると、本当にひとりひとり輝いていています。
“スケートが大好き!”という想いがじんじん伝わってきます。
できれば全員にメダルをあげたいくらいです。

トリは今注目の羽生選手。
私はユヅリストではありませんが、
それでも溜息が出る位、美しい演技でした。
最後の転倒がなければ101点越えだったかも、ということですが納得。
それにしても顔小さっ!脚長っ!日本人離れのスタイルです。

スケーターの皆様、TVで観るより実物はずっとずっと美しいです。
何事も、現場の臨場感はいいですね。
(マイブック+筆ペン)
PS:
画像左はテレ朝のキャラ、“ゴーちゃん”。
休憩中、滑ってくれてましたよ。頭、重そうでした!

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 23:40:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
2014年度 永沢まこと賞受賞しました!
nl1213.jpg nl2214.jpg

この度、2014年度永沢まこと賞を受賞させていただきました。
2008年度の受賞より、6年ぶり。2度目となります。

優等生からは程遠く、好き勝手描いている私なんかでいいのかしら?と同時に、
大変嬉しく、光栄であります。
ここ数年、2度目の受賞の方がぽつぽつ出没。
他人事のようにびっくりしていました。
年々力のある人も増えてくる中、
2度目はやはり、相当なにかがないと厳しいよな…。と思っていた矢先だったので。

さらに嬉しいことに、今回受賞者6人中なんと5人が2度目の受賞。
まさに“継続は力なり”を身をもって示してくれているのでは。

実は師匠永沢まこと氏のオフィシャルブログ掲載前に
先生よりご丁寧に、受賞のお手紙をいただきました。
「おおー!受賞しちゃったよ!」
と素直に喜んでいたのもつかの間、
よーく読むと↓
kakudai.jpg

男前の豪快な線で…”

あれ?
男前って?
先生、一応これでも私は女性なのですが、これは褒め言葉なんでしょうか???

ちなみにこのニュースレターの各人へのコメントと、ブログ上の各人へのコメントは、
意識しているのかしてないのか、微妙に違います(6人共)
(永沢まことオフィシャルブログ→http://makoart.exblog.jp/
ブログ上の私へのコメントは、少しマイルドに?清々しい文面に変更されているような。
“男前”は外されてました(大笑)

最後に:
栄えある2度目の受賞ということで、
これもひとえに周りの皆様の支えあってこそ、と改めて実感しております。
みなさま、本当にありがとうございました!

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 12:27:01 | トラックバック(0) | コメント(8)
ISUフィギュアスケート世界選手権行ってきました。
yuzu115.jpg

今旬の、ISUフィギュアスケート世界選手権(ペアショート/男子ショート)に行ってきました。
ソチオリンピックで日本人選手の活躍ぶりに感激し、やはり一度“生”で観たいと思ったのです。

ただ、そんなに良い席ではないことはわかっていたので、
これだったらTVで観た方がいいのかも?と思いきや、
いやいや行って本当によかったです!!
現場のLIVE感は別物でした。こんなにゾクゾクするなんて!

TVだとカメラがずっと選手にくらいついているので、選手の細かい表情などは捉えることはできるのですが、
全体像が見えにくいのかなあと。
会場だと、俯瞰して観ることができるので、各選手の違い、特徴がわかりやすいと感じました。

上位にたった選手たちの共通点:
やはり切れ味が違う!メリハリが効いているといいますか。
そしてジャンプが美しい!

ショートプログラムトップとなった町田選手:
素人目線でも、本当に見事な演技で大感激しました!
そしてこれもソチでの悔しさあってこそなんだろうなあと。

ソチ金メダリストの羽生選手:
スマートな体型+外国人選手に引けをとらない手足の長さ、
少女マンガに出てくるような白馬に乗った王子さまがそのまま現実に現れたような。オーラが凄かったです。
転倒にはびっくりしましたが、その後の冷静な演技は流石でしたね。

選手のみなさんが、本番たった数分足らずの演技のために
毎日毎日血の滲むような努力をされていると思うと、頭の下がる思いです。
リンクの上での彼らは本当に1人1人光っていました。その姿を観ることができただけでも幸せです。

ジュニア時代から「天才」と言われている羽生選手と浅田真央選手:
ソチ後のドキュメントを拝見しましたが、確かにもって生まれたセンスはあるのでしょうが、
2人とも、人一倍練習している「努力」の人だそうです。

そういえば、私の師匠のN先生も「天才」肌ですが、
いまだに人一倍、描いて描いて描きまくっていらっしゃいます。
それが常に進化している所以なのでしょう。

画像は会場外の柱に巻かれている羽生選手のポスター。
ここも上野動物園のパンダ状態。記念撮影する人が絶えることはなかったです…。
それにしても似てない…。ファンのみなさまごめんなさいー。
(マイブックより)

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 08:45:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
HAPPY NEW YEAR 2014
DSCN7879.jpg

新年あけましておめでとうございます。

昨年、スケッチの方は、結局最後までいまいち感が残りました。
初期のころの、がむしゃらに描いていた時期が懐かしいです。
よくも悪くも、自分の事が少し客観的に見えるようになったのかな。

私の場合は、立ち止まっても解決しないだろうということで、
悶々とはしていても、可能な限り、描きに行くこと(野外スケッチ)はやめないようにしております。
スケッチに限らず、考えるより行動派なものでして。
(最近は、もう少し考えてからの方がいいのかしら、とも思ってますが…)

またまた抽象的ですが、
今年は無理のない範囲で、もう少し本腰を入れようと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※画像は、某ホテルにて。
年末から風邪をひいてしまい、少々ダウン気味でしたが、こういう遊びをするエネルギーはあった(笑)
コドモたちに大人気のブースで、1人真剣に飾り付けをするアラフォーでした(難しかった!)

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 20:39:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
"DEDICATED2012"
shou015.jpg
首藤康之さんのダンス、DEDICATED2012"IMAGE"観てきました。

首藤さんと中村恩恵さんの絡み合うシーンがなんともいえず、ゾクゾクします。
バレエダンサーは40代ともなると、引退年齢なのだそうですが、
この歳だからこその踊り、を魅せてくださいました。

映像と生のダンスを上手に融合させていて、私的には違和感なく、むしろ楽しめました。
結構酷評されているようですが(特に映像とのリンクについて)
私は行って本当によかったです!できれば3日間全日通いたいくらい。
まあ、またの機会に懲りずに行ってきます。
※以前の首藤さんの記事はコチラ→http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-337.html

絵もやはり原画ですし、『生』で感じる大切さ、改めて感じた次第です。

画像は劇場に行く前、中華街でのクロッキースケッチ、ならぬ落書…。
アップするほどでないのも重々承知。でも急に描きたくなったので、ペンを取りました。
久しぶりの中華街。小龍包が人気のようですね。



テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 21:30:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
真夏の夜のフラメンコ
fura2449.jpg fura1450.jpg

小松原庸子スペイン舞踊団“真夏の夜のフラメンコ2012”を観に行きました。
生フラメンコを観るのは実に約20年ぶりです。

きっかけは、先日行った首藤さんの舞台でもらったチラシです。
野外公演といいうことと、バレエの演目で大好きな“ボレロ”をフラメンコで、というのが大変気になりました。
スケジュールも空いていたこともあり、急遽決めました。

行って本当によかったです!!
正直、日本人の気質にフラメンコって合わないのでは、と先入観があったのですが、
皆、もの凄くかっこよかったです!!
日本人でも心はスペイン人そのものなんでしょうね(スペイン人もいましたが)
特に、“ボレロ”が迫力あり、本当に素晴らしかった。亡き振付師ベジャールも納得の振付なのでは。
小松原庸子さんは、日本のフラメンコ第一人者的人物のようです。(すみません、詳しくなくて)80歳越えていらっしゃるようですが、踊ってましたよ!

原画と同じ、やっぱり生で観るのは全く違いますね。
五感で感じ、味わう幸せ。
暑い夏には熱いフラメンコに尽きますね!?

※画像左:映画“フラメンコ・フラメンコ”にも登場していたSara Baras。動画で観ながらでもこれが精一杯。
※画像右:現場にて。話になりませんね!こういう動きが捉えることができるようになったら一人前?

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 22:31:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
首藤康之さんのバレエ
shutodance448.jpg

「首藤康之×中村恩恵 with 梅田俊明&東京交響楽団~子どもたちに贈るセレナーデ~」を観に行きました。
※首藤さんの以前の記事はこちら→http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-276.html

こども向けのプログラム、そして平日ということもあったのか、大変良い席(最前列、ほぼ真ん中!)を確保することができました。しかもお値段もお手ごろ♪
5m以内の至近距離で観る2人の美しい世界にうっとりでした。マイブックも一応持参しましたが、見入ってしまい、気付いたら終わっていました。大人の静謐な純愛の叙事詩?といったところでしょうか。とにかく美しかった。その時だけは別世界にいるようでした。

首藤さんは幼いころ、誕生日に連れて行ってもらった劇場で居心地の良さを感じ、「この中で仕事をしたい」と思ったということです。今回は子どもの感性の高さに着目し、着ぐるみの人形などが面白おかしく展開するようなものではなく、「あえて芸術性が高く、楽しいものを」というテーマで公演内容を決めた」とも。なるほど…。

画像はマイブック。現場描きではありませんー。

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 20:44:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
パンダ弁当
2012年06月01日_DSCN6522

息子(年長)の遠足。リクエストの“パンダ弁当”。
相変わらず進歩のない母(私)です。
(過去のお弁当はコチラ→http://makisketch.blog12.fc2.com/blog-entry-147.html
そんなこんなで今日、ついにバガボンパパの年齢を追い越してしまいました…。
今日のつぶやき:
『こんなんで いいんだろうか 母マキコ』

テーマ:雑記 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 18:06:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
レニングラードバレエ鑑賞
re398.jpg   K0010005.jpg

あけましておめでとうございます。
皆様どんな新年をお迎えでしょうか。

私はというと、なんと新年早々師匠N先生とバッタリお会いしました!
超ラッキー♪これはよい年になるぞー!と思いきや、
次の日、硬いバケットを切ろうとしたら左親指を包丁でざっくり!!
自分の爪と指先がパカッ、となっているのを見てしまってゲゲッ! !

今日再診しましたが、一応順調にくっつきつつあるようです、左指先。ホッ。
相変わらずおっちょこちょいです、はい。

今年もマイペースに、楽しく、描くことができる状況に感謝しながら描いていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

画像左:
レニングラードバレエ団、新春スペシャルガラを観に行ってきました。
直前に決めたので、席が後方だったのが唯一残念。
でも世界で大活躍している吉田都さん(特別出演)を初めて観ることができ、よかったです。
本番は毎日の鍛錬の賜物。日々の基礎レッスンあってこそのもの。
スケッチと通じるものを感じた次第です。
画像右:
病院帰りの指。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 18:51:55 | トラックバック(0) | コメント(4)
『ノンフィクション・ニューヨーク』
2011年12月13日_DSCN6374
先日吉祥寺美術館の池田満寿夫展に行った時、売店で師匠、永沢まことの本を発見。
『ノンフィクション・ニューヨーク』(草思社)1983年、結構古い本ですね。

これが、凄くいい!
絵は臨場感たっぷりでまさに現場の絵。
決して綺麗な絵ではないのですが、現場ならではの雰囲気が伝わってきます。
絵は勿論のこと、文章がさらに?いい。読みやすく、わかりやすい、面白い。
それにしても、浮浪者の収容所に潜入したり、当時危険だった地下鉄で描きまくったり(今のNYは安全で綺麗らしい)、
ますます恐れ多いです、永沢まこと。

先日お会いした時にサインをいただきました。(←ただのミーハー)
『僕の一番好きな本です。』
ますますこの本のファンになりました。おすすめです。


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 08:00:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
シロツメグサとモミジ
しろつめくさ345
長女(小2)が帰宅、“おみやげ!”と渡されました。
帰宅途中に拾った、シロツメグサとモミジでした。
本人の誕生日だったのに、逆プレゼント(笑)お花の香りはもちろん、彼女の愛らしい行為にも癒されました。
せっかくなのでスケッチすることに。
植物の形、複雑で難しい。(F0,ワットマン、ネオピコグレーペン0.2)
undokaiben.jpg  neco.jpg
運動会もありました。初めてのサンドイッチ弁当です。耳はそのままが好みです。
赤組だったので、応援の気持ちを込め、赤のマスキングテープで旗を作りました。
意味不明のなぜかケーキの絵は長女作。
イベント続きで少々バタバタ…、でも、おかげさまで楽しくやっております。幸せです。
(※ちなみに今年の誕生日プレゼントのリクエストは『きょうの猫むらさん⑤巻』(画像右)でした(笑))

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

雑記 | 14:46:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad