■プロフィール

maki

Author:maki
ペンスケッチが大好きです。
プロフィール
ご意見・お問い合わせはコチラ↓
makiko.s.ari★jcom.home.ne.jp
<★を@に変換してください>
(※ブログ内の画像を無断で使用することは固くお断りさせていただいております)

■参加してみました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。 にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキングへ     ありがとうございました!

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

“尾道の路地(その2)”完成
onokinnzaikuco122.jpg

先日の“尾道の路地(その2)”完成しました。

スポンサーサイト

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2014尾道 | 17:17:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
“尾道の路地(その1)”と“生口島にて”完成
onoramenco120.jpg onoumico121.jpg

先日の“尾道の路地(その1)”と“生口島にて”完成しました。


テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2014尾道 | 19:46:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
尾道“駅前商店街”にて
onopanomono.jpg

尾道駅前商店街をパノラマで描いてきました。
拡大画像はコチラ↓
onohidarimono.jpg onomigimono.jpg
右、スマホで写真を撮っている女の子からスタートしました。
この辺りで写真を撮る方が多かったのですが、
一体みなさん、何に注目しているかといいますと…。

oshiro.jpg
アットランダムに重ねた積木のような、坂道の上に建つ家、家、家。
その天辺に、お城があるのです。(あいにく絵には入らなかったけど)
なんでしょう。まるで尾道版“ハウルの動く城”といったところでしょうか??
地元の方にとってはフツーの風景なんでしょうが、
観光客にとっては“へえー!”ですよね。

個人的には、横断歩道を自転車で渡る母娘3人が気に入りました。記憶描きですが。
麦藁帽子とワンピースが◎!
(muse B5×2)

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2014尾道 | 12:13:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
“尾道の路地(その2)”
IMG_0125.jpg

尾道の路地、2枚目です。
こういったいい味の路地、本道を外れると、あっちにもこっちにも状態。
本当は全部制覇したかった!

左の扉からスタートし、右の自転車でフィニッシュ。
自転車から描くことが多いので、今回は異例です。
何気に人も結構通る。
“すごい!”“上手ねー!”とみなさん優しくお声をかけてくれ、素直に喜んでおりました。
(muse,B5)

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2014尾道 | 07:29:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
“尾道の路地(その1)”と“生口島にて”
onomono1118.jpg onomono2119.jpg

15年ぶり、尾道に行ってきました。
地方ならではのゆるゆるな雰囲気が好きです。東京生まれ育ち(都下ですが)にとっては、他所に行く度にその土地ならではのあたたかさに感激いたします。
スケッチ旅行ではなかったのですが、合間をみて何枚か描いてきました。

画像左:こういったそそる路地がいたるところに。
この路地は本当はもっと細く、奥の尾道ラーメン屋は午前中から行列。通り抜けできません。
その細さが甘くなってしまったのが残念。さすが?1枚目。ややカタいですね。

画像右:時系列ではなく、失礼。後半に生口島(いくちじま)まで行ってきました。
あいにくレンタサイクルが満車で早めにUターン。
船を待っている間にさくっと1枚。カップルがいい感じで並んでくれていました。
(いずれもハーネミューレ 153×250mm)

あとやはり地方は食事が美味しい。水と空気が違うんでしょうね。
この辺りは柑橘系が豊富。東京では見たことのないめずらしい柑橘もフツーに並んでいます。
lemon.jpg
この量で100円はびっくり!(1個ではなく、1山)
ポスト上のいたずら?も微笑ましい。

そうそう予約した際は気づかなかったのですが、偶然15年前と同じ宿に宿泊させていただきました。
また、描いている時お声かけしてくださった方がちょっと前まで偶然ウチ(東京)のご近所さんだったり。
こういう旅ならではの出会い、嬉しいです。

もう数枚あるので、順次アップしていきます。

テーマ:スケッチ - ジャンル:学問・文化・芸術

2014尾道 | 19:30:29 | トラックバック(0) | コメント(2)

FC2Ad