■プロフィール

maki

Author:maki
ペンスケッチが大好きです。
プロフィール
ご意見・お問い合わせはコチラ↓
makiko.s.ari★jcom.home.ne.jp
<★を@に変換してください>
(※ブログ内の画像を無断で使用することは固くお断りさせていただいております)

■参加してみました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。 にほんブログ村 美術ブログへ 人気ブログランキングへ     ありがとうございました!

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

モンサンミシェル記(着彩完成)
2011年08月24日_DSCN6163 2011年08月24日_DSCN6164 (2点共ワットマン、F8)
2011年08月24日_DSCN6165 2011年08月24日_DSCN6166 2011年08月24日_DSCN6167 (3点共アルシュ、全紙ハーフ)
2011年08月24日_DSCN6168 2011年08月24日_DSCN6169  (2点共アルシュ、全紙)
モンサンミシェルの絵、大きいほうも完成しました。
描いた順番ではなく、気乗りした絵からどんどん塗っていきました。
最後に残ったのは左上と左下。左上は灯台までのカーヴが現場描きとはいえ、気に入らず、書き直したいなあ、と思いつつそんな時間もなく…。
左下は描いている時はのりのり(←死語!?)で描けたのですが、自宅に戻ってからはなんかイマイチ気乗りせず…。フツーすぎてしまったかなあ、と思いながら色塗りしてました。海の面積が広すぎて、この間延びした状態に苦戦。
さて、講評会では下の全紙2点をメインに出しましたが、師匠からのコメントは、

・右の絵、光やりすぎ。でもこういう挑戦はよい、今後もどんどんやるべき。
・左の絵の方が落ち着いてみることができる。右下の描きこみ、奥(遠景)の描きこみが丁寧でよい。光はなくてもよかったのでは。
・全体的に光の表現やりすぎ。

ちなみに色塗りの時、特に最近はあまり写真に頼らず、失敗してもいっか、と思いながら塗ってます。決して投げやりになっているわけではありませんが、根が真面目(?)なので、実物にとらわれすぎてしまい、思い切りよく塗ることができなくなってしまうためです。
ちなみにこの掲載している画像だといまいちわかりずらいと思います。やはり機会があったらぜひ原画を観ていただきたいです!
↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!


スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 20:07:38 | トラックバック(0) | コメント(6)
モンサンミシェル記(講評会)
makikouhyou.jpg

先日、永沢邸にて恒例の大講評会(作品発表会)が行われました。
毎回思うのですが、やはり講評会あってこそのスケッチ会だなあ、と思います。
下記、永沢節?で、個人的に印象に残った言葉を綴らせていただきました。

・細かく描くことと、自分の線を出すことは全然違う。
細かく描く描きこみはそれなりに快感で満足しやすい。でも自分の思いはなかなか出てこない。そのままその方法でいってしまうと技術、つまり「ただの上手な人」だけになってしまう。
見たままリアルに、ではなく、そこに自分の思いを描いていくことが大事。
ある程度描けるようになると技術にいってしまうので、常に意識していくこと。

・モンサンという「ブランド」(いわゆる名所、旧跡など)とどう向き合うか。
誰もが知っている、ということで“きれいに描かねばいけない”と思ってしまいがち。
ブランドにありがちな“威厳”があるので最初はむこう(対象)の方が上手、でも圧倒されたまま描くのはNG。常に対等にならなければならない、ハイなままではなく、平常心で描くことが大事。
そしてこれは絵の事だけでなく、仕事や対人関係、全てのことに言えること。

・雑踏で人物を描く限界。
建物と同じようには描けない。かなり丁寧にその人の背景まで描かないと(どこの国、年齢など)雰囲気がでない。
本当は必ずその場で描いた方がいいのだが、いきなり水彩紙だとどうしても硬くなってしまう。なので小さい紙に描いてから、あとで調整して入れ込むのがよい。特にアップは難しい。メインの一人目がうまくいくと、後もうまくいく。

…等々、深い深いスケッチ論は夜まで続きました。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 07:46:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
モンサンミシェル記(小品完成)
小サンマロ女性+犬 小サンマロ黄色自転車 小サンマロ赤アイス 小モンサンホテル前小

コチラの記事に掲載した小品4点、完成です。
この紙、マスキングをしない私にとってはお気にいりとなりました。この比率も好きです。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 22:55:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
モンサンミシェル記(パリ編)
久しぶりにモンサンミシェル記です(まだ終わっていなかったか!)
モンサン→パリへのバス移動約5h…。さすがに疲れます。
トイレ休憩中に太極拳教室?がはじまりました。ちなみに参加者のHさんは太極拳の先生です。
DSCN6011.jpg かなりあやしい団体…。

しばらくしてようやくパリに到着!
DSCN6015.jpg 奥にエッフェル塔。
到着したのが夕方なので、ゆっくり観光やショッピングする時間はほとんどありません。パリが初めての方も意外に多く、夜は自由行動です。
DSCN6028.jpg 凱旋門~、の奥に新凱旋門~。ただのおのぼりさん状態です。
夕食後、カフェに入りました。この時点で既に夜の11時近く。ですがそんな時間とは思えないほど人が沢山。日が暮れるのが遅いせいもありますが、こどもの姿も結構目立つのが意外でした。
それにしても美女が多い!うっとりでした。私を含め、スケッチャー4人、カフェ内で近くに座っていた美女をスケッチしていたら、むこうが気付き、笑われました。4人で並んで描いている姿、かなりあやしい日本人だったのでしょう。
でも描いたスケッチを見せたら大変喜んでくれ、スケッチを撮影していかれました。
DSCN6032.jpg サウジアラビアから観光できたとか。私のスケッチを撮影中。
この時のスケッチです。↓
パリ美女b パリ美女2b
それにしてもエキゾチックな美女でした♪
そして、いよいよもうすぐ講評会です。
どうなることやらですが(まだ画集ができていない…)大変楽しみです!

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 18:50:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
ウォーリーを探せ?
再び、モンサンミシェル記の続きです。
絵の中に遊びで入れた自分、どこだかわかりましたかね。
正解を発表いたします!(←どうでもいいことですが…)
maki1.jpg 全体の絵はコチラ
maki2.jpg 全体の絵はコチラ。ちなみにこの場所から実際描いた絵はコチラです。

次回個展(全く未定)をする時に、ぜひ原画を実際拝見し、探してみてください~。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 20:56:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
モンサンミシェル記(その6)
モンサン最終日。11時半出発なので、それまで皆スケッチに励みます。
1枚目。ホテル前の階段から描きました。
2011年06月23日_DSCN5981 重い荷物を背負い、何度も往復する男性。
この時のスケッチはコチラ

2枚目。ホテルを出てすぐの場所が気に入りました。
2011年06月23日_DSCN5998 2011年06月23日_DSCN5995 ちょうど師匠が通りかかり、撮っていただいた記念写真です。
この時のスケッチはコチラ↓
修道女モノクロ (アルシュ、560×430)

3枚目。前日途中まで描いた円形の展望台の続きを画くことに。
DSCN5999.jpg 2011年06月23日_DSCN6000 このイタリア人?家族も気になりました。
この時のスケッチです↓
丸モノクロ (アルシュ、560×430)
遊びで自分を入れてみました。どこだかわかりますかね。

午後はパリへ出発しました。(約5hのバス旅!)

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 21:52:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
モンサンミシェル記(その5)
4日目は、サンマロを後にし、お引越し。この日のみ、モンサンミシェルの島内に宿泊します。
DSCN5941.jpg DSCN5943.jpg
ご覧のように、降ったりやんだり…。ずっとこんな感じの天気でした。

この日はようやく島全景を描く気になりました。
DSCN5946.jpg
しかし、ほんとにもの凄い強風!全紙を拡げるなんてとんでもありません。でも気分は全紙、さてどうしようか…。体感温度も厳しく、冬物の防寒具でいいほど。
土手のところでナナメの変な姿勢で描くことに。少しは風除けになりました。
できあがったのがコチラ↓
正面モノクロ (アルシュ、860×560)
お昼前くらいにザーザーぶりとなってしまい、急いで紙をたたんで島内に避難。

その後もふったりやんだり、の繰り返し。
2枚目がコチラ↓
遠足モノクロ (アルシュ、430×560)
島の周りは、ガイドさん付きに限り、歩くこと(裸足で!)が可能。遠足の小学生が多かったです。
その彼等を入れたかったのですが、わかりますかね。
この後ももう1枚描いたのですが、やはりザーザーぶりとなってしまい、中途半端に終わってしまった…。

夜は講評会。皆沢山描いてました!
DSCN5969.jpg

美しい夜景。感激+幸せです!
DSCN5974.jpg

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 20:47:26 | トラックバック(0) | コメント(2)
モンサンミシェル記(その4)
3日目と4日目は素直にバスに乗り、モンサンミシェルに向かうことに。
モンサンミシェルといえば、やはりあの島の全景を一度は描きたくなりがちですが、
天気もはっきりしないせいか(ふったりやんだり、の繰り返し)
イマイチ描く気が起こりません。

サンマロでもそうでしたが、今回私が気になったのはなぜか向こう岸の遠景。
向こう岸を描くために近景も描いている、といったところでしょうか。

午前中の一枚。(アルシュ、560×860)
下り坂モノクロ
私はどこでもそうですが、野外で描いている間は、天気が悪かろうと風が強かろうとその場では大変気持ちよいし、幸せ。
ただ、帰宅後仕上がった絵をじっくり見ると、「あれ?」と思うことはあります。
この絵もちょっと無難すぎるかな、と遊びで自分の手を入れることに。
(おっとはこの絵をみて「ネッシー描き加えていい?」と真剣に何度も言いにきました…。ま、インパクトが出ることは確かだ)
DSCN5922.jpg DSCN5923.jpg
右:円形の展望台からの眺め。
左:真剣に?スケッチ中の私。

1枚目を終え、2枚目をどこにしようかと島をまわります。
でもだいたい、描こう!と思っていたポイントにはたいてい既にスケッチャーがおりまして(苦笑)
既に先客がいると、気持ちも萎えがちな私です。
どうしようか、と教会の裏に廻るといいポイントが!
DSCN5936.jpg
写真には出てませんが、階段を上がったドアの前に立ちながら描いてました。
しかし!なんとここは修道女さんたちの専用のドアでした。
しかも結構何度も出入りするので、そのたびに私は
「す、すみません。どきますね。」(←英語)
「いいからいいからそのまま続けなさい。気にしないで!」(←フランス語。訳:想像)
ああ、ほんとにいい方たちでした。
それにしてもお邪魔だったと思います。最後は「ほんとにごめんなさい!」と日本語で謝っていた私でした(笑)。
F8縦モノクロ (ワットマン、380×450)

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 21:50:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
モンサンミシェル記(その3)
2~4日目までは、モンサンミシェルからバス45分位、城壁で囲まれた港町、サンマロに宿泊しました。
モンサンは多国籍で日本人も沢山、でもこちらは日本人は1人もいません。場所柄、イギリス人が大変多かった(近いもんね)
この3日間のうち最初の日、バスに乗らずサンマロで1日描くことを選択。
DSCN5896.jpg DSCN5907.jpg
『津波注意!』の看板か?(左)
オシャレな方が多い!このおばあちゃんの傘、超ラブリー♪(右)

私は城壁から見た景色が気になりました。
DSCN5889.jpg DSCN5908.jpg
左:午前10時。右:夕方5時。
潮の満ちひきの差があまりにも激しく、びっくり!
奥のボートは全て倒れており、水上バス?の停留所まで奥の位置に移動するほど。
この時のスケッチはコチラ↓
サンマロモノクロ (ワットマン、F8)
堤防のRの形が歪んでしまった。ま、これも現場スケッチのご愛嬌?ということで。
城壁の上、海のすぐそば、強風にあおられながら、ときどき小雨、ということでとにかく寒かった!タンスの奥からひっぱりだしてきたヒートテックが役にたちました。
小さくてわかりずらいと思いますが、人物描きが大変楽しかった!遊びで自分も描き入れました。
ただ、最初の絵、ということでまだカタイ。

絵を絶賛してくれた、通りかかったフランス人のおじちゃんに撮られたスケッチ中の私。
2011年06月20日_DSCN5884

そして、先日の答えです!
真ん中2点が写真描きです。当たりましたかね??

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 07:59:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
モンサンミシェル記(その2)
サンマロ1353 サンマロ2352 サンマロ3354 モンサンホテル前355 (ハーネミューレ、153×250)

小品4点です。
今回、新しい試みとして、帰国後写真描きしたものが2点あります。
どれだかわかりますかね。答えは後日!(もったいぶるほどのことではないですが)

写真描き、といっても、もちろん実際現場で描きたかったところを選びました。
今までできなかったのですが、小さい紙だと無理なくできることがわかり、嬉しい。
今度から、この手でいくか(笑)

本当は、特にこういった小さい紙だと、サラサラ短時間で沢山現場描きするのが理想。
今回もできなかった…。
来年こそ、チャレンジしたいです。

※左3点はサンマロにて(ブラウンブラックボールペン)右1点はモンサンで宿泊したホテル前(リブ細)

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 14:58:45 | トラックバック(0) | コメント(2)
モンサンミシェル記(その1)
2011年06月19日_DSCN5847
パリ、シャルルドゴール空港到着。私は約13年ぶり。この日は空港近くのホテルに泊まりました。今の時期、夜10時過ぎでないと暗くなりません。
機内食もあったし、あまりおなかはすいてませんが、散歩がてら、レストランへ。食後カプチーノを注文したらこんなのがでてきました。コーヒーゼリーと間違えたのかしら??と思いました。
2011年06月19日_DSCN5850
次の日、バスでモンサンミシェルに向かいます。遠くにエッフェル塔が見えます。
2011年06月19日_DSCN5853 
到着しました!約5hのバス旅。フー!風も強く、肌寒いです。
2011年06月19日_DSCN5857
名物、巨大オムレツのパフォーマンス。
2011年06月19日_DSCN5860
教会までの道はまるで江ノ島?竹下通り??すごい人、人、人。
2011年06月19日_DSCN5861
説明をききながら教会内部(ここのみ有料9€)に潜入。修道院…私だったらすぐ病気になりそうな…。
でも天井が美しかった。見事です。
2011年06月19日_DSCN5869 2011年06月19日_DSCN5871
教会出口からの眺め。展望台に群がる人々。
2011年06月19日_DSCN5874 2011年06月20日_DSCN5875
結局この日はスケッチする時間はなく、観光と下見、といったところでしょうか。
そしてなぜか、結婚式が。しかも、若い日本人カップルでした。なぜ、モンサンで??拍手を贈っているのは優しい欧米人ばかり。日本人からは気のせいか冷ややかな視線が?ま、いいんだけど。お幸せに!
2011年06月20日_DSCN5877
取り急ぎ、今回は写真にてのご報告でした。(つづく)

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 21:58:47 | トラックバック(0) | コメント(2)
モンサンミシェル行ってきました。
モンサン1
モンサンミシェルより無事帰国しました!
今回は乗り継ぎがなかったものの、思いのほか移動時間にとられ(パリより約5h)、昨年のアルルより描く時間は実は少なかったかも。
でもでも、やはり貴重な充実した7日間でした。幸せです。
まだぼーっとしてますが、徐々にスケッチもアップしていきますね。

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 13:50:20 | トラックバック(0) | コメント(3)
モンサンミシェルへ。
ta.jpg
N師匠とスケッチ修行?のため、明日から(もう今日だけど)モンサンミシェルに行ってきます。
今回は、昨年のアルルと比べ、正直予習する余裕全くなく、
今ようやく準備が一段落ついたところです…。
本当に明日無事飛行機に乗っているのだろうか!?何も実感湧かない…。

実は昨夜、全紙のストックがないのに気付き(←遅すぎ!)
今日雨の中、仕事に行く前に大急ぎで世界堂へ。
でも、いいこともありました。
アルルでHさんとご一緒した画材屋さんで見つけた、竹スケッチブックを発見♪(画像)
このサイズ比率と紙の感触が気に入り、帰国後も結構探したのですが、見つからず、だったので。

昨年は思いのほか、リラックスして描けたのが嬉しかったです。
今回もそうなるといいのですが。
というより、それを通り越し、正直開き直ってます。ぶっつけ本番もいいところでして。今年は数えるほどしか描いてません。
なのでどうなることやらですが、大変楽しみでもあります。同じ志をもった仲間とご一緒するのはやはり刺激になることでしょう。

無事、帰国したらまた報告させていただきます!

↓ 応援“クリック”お願いいたします。
にほんブログ村 美術ブログへ
ありがとうございました!

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

2011モンサンミシェル記 | 00:31:48 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad